小さな村の素敵な物語…

小さな村から世界の中心へ。

全ては曾祖父ジュゼッペ・ボローニャのあだ名「ブライダ」から始まりました。ジュゼッペは村の広場や教会の前庭で「パッローネ・
エラスティコ」と呼ばれるピエモンテの典型的なスポーツをよく楽しんでいましたが、そこで「ブライダ」というあだ名で親しまれるようになったのです。ジャコモ・
ボローニャは父からブドウ畑とあだ名を受け継ぎましたが、特にロッケッタ・

 

若者の勇気,

1961年から現在にいたるまで、ブライダはジャコモと妻アンナの哲学に忠実に、二人の人生、大地、ワイン、友人との関係についての考え方を守りながら、成長してきました。
二人の娘ラッファエッラと息子ジュゼッペはブライダの3世代目にあたり、二人とも醸造家です。多くの人が外国品種の特権であるかのように思い込んでいた高貴さと品質をバルベーラに与えたのはジャコモでしたが、情熱をもってそれを守り
続けることがラッファエッラとジュゼッペの夢でありましたが、それを彼らは今、見事に実現しています。微発泡性のラ・モネッラや伝統的なモンテブルーナを造るバルベーラ、そしてモスカート、ブラケット、グリニョリーノなどの固有品種の伝
統をしっかりと守っているラッファエッラとジュゼッペですが、若いので勇気をもって国際市場で愛されている外国品種にも取り組んでいます。メルロ、ピノ・ネーロ、カベルネ・ソーヴィニョンなどの外国品種は、イル・バチャレというワインに使われています!

Giacomo タナロの土地とそのワインへの無条件の愛情を受け継ぎました。

ジャコモは勇気をもって安酒とされていたバルベーラを高級ワインに変えました。そのためにバルベーラをフレンチ・オークのバリックで熟成させました。当時イタリアでそのような熟成は行われていませんでしたが、今では普通になりました。そのようにして生
まれたブルッコ・デッルッチェッローネはブライダ・ワイナリーを象徴するワインであるだけでなく、世界中で高品質イタリアワインの代表となりました。

ブリッコ・デッルッチェッローネ, 同社のフラッグシップワインは、今や世界有数のイタリアワインの一つとなっている.