Rocchetta Tanaro

(160 m SLM)

土壌は砂と粘土が同じ比率で混ざっています。より軽い土壌でできるワインと比べると、凝縮感のあるアロマと味わいを持ったワインが生まれます

 

この分野での製品

Castelnuovo Calcea

(230 m SLM)

石灰質の砂からできている軽い土壌で、土中深いところでも土壌の温度が簡単に早く上昇するので、ブドウの根の活動が早くから活発になります。

 

この分野での製品

Costigliole d’Asti

(240 m SLM)

粘土石灰質土壌で、丘の最良の傾斜にあります。それにより骨格の堅固な濃厚な香りを持ったワインが生まれます。

 

この分野での製品

Mango d’Alba

(500 m SLM)

石灰質砂土壌が中心なので非常に水はけが良く、適度の樹勢を保ちながらも、ブドウの樹は繁りすぎることもなく、生産量が多くなりすぎることもありません。

 

この分野での製品

Trezzo Tinella

(450 m SLM)

砂と石灰質泥灰土に富んだ軽い土壌で、南向きの素晴らしい傾斜。畑がある丘陵は古代劇場のような半円形で、標高が高いので、昼夜の温度差が激しくブドウは緩やかに成熟して、収穫は遅いです。それによりセッラ・デイ・フィオーリ農園のワインは喜
ばしく深みのある味わいで優美なものとなります。

 

この分野での製品